池坊議長、もうメディアの取材を受けることはないそうです

池坊議長は、フジテレビ「グッディ」で2日間にわたって独白しています。これで、テレビに出るのは最後だそうです。世論の批判を受けてもうお話しないらしいです。イヤリングとか過去の事とか何を言っても批判されるからもうメディアの取材は受けないのだそうです。何を話しても若い人からの反感を受けてしまうからだそうです。いやあ、確かに池坊さんにしてみたら私も若い方に入るのかしら?でも若くはありませんが。イヤリングのこととかつけまつげのこととかを気にしているようですが、そんなところを言っている人はごく一部だと思うのですが。評議員議長としての資質を問題にしている方が多いように思いますが。自分が被害者のようにお話されているのが理解しかねます。評議員議長として貴乃花親方に対して個人的に礼儀の問題を批判していたのに。でも、評議員議長が特定のメディアだけに独占取材を受け、今後お話になさらないと表明したのであれば、貴乃花親方が映像のあるテレビ取材を避けて特定の週刊誌の取材のみ受けても問題ないですよね。貴乃花親方も協会にお話はしなければならないとは思いますが、トップの方がメディア取材を受けないとおっしゃるのですから、もう貴乃花親方がメディア取材を受けなければいけないと言えなくなりますね。良かったです。マスコミの方が貴乃花親方の批判ばかりされていましたがもう取材に受けなくても批判しないでくださいね。批判するのでしたら、池坊議長のことも批判しなければいけませんよ。きっと、ご自分でお話をして、メディアに登場することはいろいろ言われるのだと議長さんも認識されたのでしょう。ただ、一つ、気になる発言は「皆さんが白鵬関をたたくから、はんがんびいきになってしまうのですよね」とお話されていました。やっぱり、白鵬関贔屓していたんだ。だから、張り手OKの発言だったのだ、とよくこの方の真意がわかりました。全身脱毛 短期間