乳がんになって死にたくない。早めの検診が有用

乳がんになって死にそうな芸人が何人も出た。
それでおっかなくなって、節目の年齢ということもあって、がん検診に行くことにした。
へそくりは4000円ぐらい加わるけど、対価だと思って受けよう。大事の経費にしたら短い。
早急開発がなにより肝心だから、日々受けようかな。
会社員じゃないから、身体来院は自腹なんだよなあ。
これまで、身体来院でひっかかったのは、ハートのみ。
次いでガッツ科をめぐって、おかげで今は邪魔年金。ありがたや。毎月11万円。
通年132万円。
怖いのは乳がんと子宮がん。マンモを受けることが大事。
なんとなくつらいけれど、検診で探せることもあるし。
も、海老蔵の妻も、北斗晶も、検診には敢然と行ってたんだよなあ。
でも進行するまで見つからないのが、がん。
今がんになると、クラスが初々しいから、やり方も手っ取り早い。
がんとしてはクラスがういういしいから、いよいよ、さくっと全身転移講じる。
海老蔵の妻も、どうなるかはわからない。やっぱ、恐ろしい。

今は居ない優しい父兄の、心地を思い起こします。

時に二都度ほどは、私も孫にも出会う事ができるのです。
遠くにいる幼児たちや孫となるから、逢えることにも楽しく覚えるのかも知れないのです。

近くに孫が住んでいたら、良くもあるけれど高齢に飛びつく身には孫の用心が無茶かもしれないのです。
でも身が今まで遠くにいる幼児たちに対して、想うことがあるのです。
育児に忙しくしている幼児陣に、近くに住んでいたら手を差し伸べて多少なりとも手伝って贈ることが出来るということです。

身が育児をしている際は、両親が車種で時給半分ほどの所に住んでいましたから、手際の小さい身に対して助ける事もありました。
二人のこどもがいても、2年齢の妹を何日か預かって受け取るため、育児からも少し提供され思いも安定できた身だ。
妹がうちに帰る際には、その頃には両親も幼く車種によく乗っていましたから、きっかり真ん中のポジションでこどもを受け取れることをしていました。

でも2年齢の幼児は、あまりにもお爺きちんとばあばとの家で居心地が良かった結果、家へ帰らないと弁ずることも再々でした。
今はいない両親の暖かい精神には、サンキュー。