行った甲斐がありました…あなたがいたから

雨の日に図書館に行くのは、できれば避けたい…。お借りした本に一滴の雨粒もかからないように、気を遣わなくてはならないからです。先日、返却期限が来てしまった日は…雨。もう少し熟読したくて、できれば延長したかったのですが、なんせ人気の本。いつもならネットで予約状況を調べて、可能ならそのままネットで延長するのですが、今回は調べる前から諦めて、雨の中、意を決して図書館へ。返却しながら、予約がなければ再度借りたいとおずおずとダメ元で聞いてみると…大丈夫とのこと!思わず「来た甲斐がありました!」と言うと、カウンターの女性は「そうですよね!この雨の中、よく来てくださいましたね。」と笑顔を向けてくださいました。お店と違って、1冊本を貸し出したことで利益が上がるわけではないのに『よく来てくださいました』…。その言葉をいただけたことこそ、行った甲斐があったというものです。その女性は、つい先日までは『研修中』の名札をつけていらっしゃいました。もう、立派に独り立ちされていることを感じました。大切にお借りした本、一滴も濡らさずに持ち帰りましたよ!鼻の下 脱毛