ブラックだけどついつい笑ってしまうコメディ

アメリカのドラマ『ザ・ブリンク』が面白い。
ティム・ロビンス、ジャック・ブラックなんかの映画スターを起用した贅沢な配役のドラマ。
舞台はアメリカとパキスタン。
パキスタンで反政府テロが発生し、それに対応するホワイトハウスと、思わぬ形でテロに巻き込まれた在パキスタンの下っ端アメリカ人外交官、そしてアメリカ空軍の軍人が主人公。
第三次世界大戦を防ごうとする国防長官をティム・ロビンス、下っ端外交官をジャック・ブラックが演じている。
もうジャック・ブラックが出演している時点で面白いのが確定しているドラマだけど、本当に面白かった。
下ネタ、Fワード連発の下品なブラックコメディだから完全に大人向け。
女のことしか考えてないティム・ロビンスとジャック・ブラックが思わぬ形で人を救ったりしてるのが笑える。
実際の政治家や外交官がこんなだったら笑えないけど。
シーズン2の制作が決定していたのに、諸事情でキャンセルされたのがとても残念。